PROJECT : 33
2015

かなたけのやねKanatake no Yane

34-01
34-02
34-03
34-04
34-05
34-06
34-07
34-08
34-09
34-10
34-11

福岡市都市部から至近距離に位置する農体験公園「かなたけの里」に常駐していたランドスケープデザイン事務所のスタッフが、この地に永住を決意した。夫婦ともランドスケープの専門家であることから生まれたばかりの子供と3人の生活は、大地と密接な関係にあることは、自明であった。したがって、屋外スペースを屋内と等価に捉え、屋外・屋内の活動を包み込むような大きな屋根を掛けることにした。朝起きて間引いた野菜の葉をみそ汁の具として食するのが畑を耕す人の特権だそうだ。明らかに都市部の子供たちと異なる環境で育つ子供がどのように成長していくのか夫婦だけでなく、地域の住民にとっても楽しみになっている。

A house is lived by the landscape designer couple, located in the agricultural park "Kanatake no yane" close from the urban area of Fukuoka City. The married couple which both dedicates their live for landscape just has a newborn child and now three of them were live close to nature. In order to capture the outdoor environment inside, a big roof that wraps the out-indoor activities is proposed. In this area, it is privilege that those who cultivate the field to consume the vegetables for daily. We can’t wait to see how the child is growing up in such nature environment.

E-mail:infoarch@furumori.net ASANO2-6-16-3F,KOKURAKITA-KU,KITAKYUSHU-SHI,FUKUOKA,802-0001,JAPAN Copyright@FURUMORI KOICHI ARCHITECTURAL DESIGN STUDIO All right reserved.