4
2021/03/15

学生によるインターンシップレポート京都芸術大学3年 八木⽥直樹

今回、1週間という短い間でしたが古森弘一設計事務所にインターンシップに参加させて頂きました。

この1週間とても内容が濃く、模型制作のお手伝いや、建築の⾒学、古森さんに貴重なお時間を割いて頂いて面談もさせて頂きました。面談のお話では、設計事務所で働くこと、社会に出て働く厳しさを痛感しました。

模型作業を通して、素材の扱い方や道具の使い方、作る技術などはもちろん、設計を進める上で変化する要望に合わせて何度も模型を作る姿を⾒て、豊かな空間を設計する事がいかに難しいかを感じることが出来ました。

建築⾒学では2⽇間に渡り、樹を掴む家池⽥保育園⻄法寺納骨堂の⾒学をさせて頂きまし実際に行くことで図面、写真では分からなかった施主さんへの思いやりや、気遣いがえてきました。

樹を掴む家では、キッチンと書斎の間にある人がギリギリ通れる程の通路がとても印象に残っています。

空間を精神的に繋げることで生まれるコミュニケーションの大切さを学びました。鉄を用いた床の間のお話からは、小倉の土地への思いが伝わってきました。

百合野邸1

百合野邸2

池⽥保育園では子供の体を保護するディテール、子供の身体スケールに合わせた多様な空間が印象的でした。

より楽しい空間を作るために、現場で変更を加えた事など、担当した事務所の方から

直接お話を聞く時間はとても貴重な経験になりました。

池田保育園1

池田保育園2

⻄法寺納骨堂では100年を⾒据えたコンクリートの質を保つためにプレキャストコンクリートを用いた事や、上下を無くして平等になるプランのお話をして頂きました。

西法寺納骨堂1

西法寺納骨堂2

終わりに
1週間という短い間でしたが、古森さんや事務所の方々とのお話や、施主さんへの思いやり や気遣いのこもったデザインを実際に見ることが出来て、非常に貴重な時間を過ごすこと が出来ました。古森さん、事務所の方々ありがとうございました。

  • Twitter
  • Facebook

E-mail:infoarch@furumori.net ASANO2-6-16-3F,KOKURAKITA-KU,KITAKYUSHU-SHI,FUKUOKA,802-0001,JAPAN Copyright@FURUMORI KOICHI ARCHITECTURAL DESIGN STUDIO All right reserved.