teranaka_1
2022/03/11

学生によるインターンシップレポート 福岡大学3年 寺中美鈴

 

 福岡大学3年の寺中美鈴です。この度2週間のインターンシップに受け入れていただきました。始めの2日間は、まもなくオープンするミリカローデン那珂川にてカーテン設置のお手伝いをさせていただき、その後は事務所にお邪魔して模型の制作や図面の修正などの多くの経験をさせていただきました。

 ミリカローデン那珂川でのカーテン設置の際には、繊細なデザインが施されたカーテンに一枚一枚丁寧にアイロンをかけました。床にカーテンを広げて作業をしているときも異素材の布がそれぞれ光を反射している様子がとても綺麗でしたが、夕方にアイロンをかけ終え設置してみると、カーテンに西日が当たることによって木の枝葉の間から日差しが漏れているような陰影がつくり出され、作業中とはまた違った美しさが感じられました。実際に現場が動く中での作業だったため、工事が行われる様子も見ることができました。中でも『ミリカの木』がどんどん積み上げられていく光景は目を見張るものがあり、完成後はその圧倒的な存在感に心を打たれました。

teranaka_3 

 模型の制作では、利用者に対して細やかな気配りをして設計がされていることを感じながら作業を行いました。それを模型で上手く表現することは難しかったですが、作り方のコツを所員の皆様やアルバイトの方々に丁寧に教えていただきました。

teranaka_2

 事務所内はアットホームな雰囲気で、様々な話し合いの場が多く設けられているように感じました。週初めのミーティングに参加させていただいたり、テーブルを囲んで皆さんと一緒に昼食を取ったりして、僭越ながら仲間に入れていただけたような感覚になりました。また、お忙しい中、古森さんに面談の時間を2度設けていただき、コミュニケーションをとることの重要さや、建築が好きだという気持ちが何よりもエネルギーになることを教えていただきました。自分自身の実力不足を痛感するとともに、建築に携わることの奥深さを実感しました。

 この2週間で、事務所の皆様と関わる機会を多くいただき、たくさんの刺激を受けました。この経験を糧に日々精進して参ります。最後になりますが、ご多忙にもかかわらず、快くインターンシップに受け入れてくださった古森弘一建築設計事務所の皆様に厚く御礼申し上げます。

  • Twitter
  • Facebook

E-mail:infoarch@furumori.net ASANO2-6-16-3F,KOKURAKITA-KU,KITAKYUSHU-SHI,FUKUOKA,802-0001,JAPAN Copyright@FURUMORI KOICHI ARCHITECTURAL DESIGN STUDIO All right reserved.