GCM_TAG
2018/06/16

福岡県弁護士会館03_基礎工事・製品検査

基礎工事も終盤に差し掛かり、この後は鉄骨建方へと進んでいきます!

今回の構造はブレース構造を採用しています。

製品検査でも柱、梁、ブレースの納まりを図面と現寸を見ながら最終確認を行いました。

構造のエンジニアいはく、鉄骨の魅力は接合部にある!とのこと。

全体が出来上がるまでもうすぐです!

上棟が楽しみですね♪

 

草場

 

 

180510_現場便り

 

良い仕事のリレー

 

前回の杭に続き、基礎の工事も無事完了しました。

高さ2mの地中梁は、建物の重さを支え、大きな地震がきた時でも建物の揺れ  を最小限に抑えるようがっちり踏ん張ってくれます。

基礎の次は  鉄骨工事へと進んでいきます。

そこで先日、構造エンジニアと一  緒に鉄骨工場へ試作の検査に行ってきました。

細かなところまで  綺麗な溶接にうっとり。基礎の鉄筋や鉄骨はいくら綺麗な仕事を  しても完成すると最後は隠れてしまいます。

しかし、その美しさ  は、次の工事に関わる職人たちや現場監督に無言のプレッシャー  を与えていきます。

良い仕事は連鎖されていきます。良い仕事の  リレーは、いい感じでスタートを切りました。(古森)

 

  • Twitter
  • Facebook

E-mail:infoarch@furumori.net ASANO2-6-16-3F,KOKURAKITA-KU,KITAKYUSHU-SHI,FUKUOKA,802-0001,JAPAN Copyright@FURUMORI KOICHI ARCHITECTURAL DESIGN STUDIO All right reserved.