2018.10.30_1
2018/10/30

平尾台ハイキング

10月某日、事務所のみんなとインターンやら関係事務所のみなさまやら、集まって、秋の平尾台へ一泊二日でハイキングに行きました。
すすきのきれいな気持ちのいい季節です。
 
前回同様、“山の家 粋邑 Hiraodai”さんで宿泊です。
今回の晩御飯は、さんまと鍋2種類とBBQ!
シメに雑炊をたらふく食べ、もう食べられないと言いながらたこ焼きを作り、もう終わりと言いながらたこ焼き器でホットケーキを作り想像以上に膨らんで大惨事になり・・・
 
2018.10.30_2
 
2018.10.30_3
 
恒例の深夜のカードゲーム大会を経て熟睡して
所長が朝食を作っているいい匂いで目覚めるという、正月に寝過ごした嫁のような朝を迎えました(!)
 
2018.10.30_4
 
2日目は平尾台ハイキング!
 
2018.10.30_5
 
茶ヶ床園地からうねうねといくつも小さな山があって、少し登ったと思うとまた降りるというのをなんどか繰り返すうちに2時間もすれば貫山の頂上(712m)へたどりつきます。
 
2018.10.30_6
 
 
平尾台も山登りも初心者の私は、修行のようなイメージをしていましたが、発見がたくさんあってたのしい時間でした。
 
 2018.10.30_7
 
2018.10.30_8
 
まぶしいほどのすすきに囲まれてけもの道を進む場所、広々した尾根道、とつぜん海が見える山と山の切れ目、
 
2018.10.30_9
 
2018.10.30_10
 
そろそろ休もうかと腰掛ける場所もその都度みつけて、大きな岩や木の下、草地のくぼみなどでお茶をのんで、
 
2018.10.30_11
 
最後にはものすご〜く急な斜面をずるずるのぼりようやく山頂へ!
 2018.10.30_12
 
 
設計事務所勤務の普段の生活では平日も休日も山とは無縁なので、平尾台での2日間はとっても新鮮でした。
おおきくて穏やかなようでいてどんどん変わっていて、世界はいつだってすべてが新しいのだ!と、自然の中にいれば、むずかしく考えなくてもいろいろなことがすぐにわかるような気がします。
 
平尾台のような広くて静かな場所が、都心部の比較的近くにあるというのは北九州の特徴です。
事務所の窓から見える海と工場が北九州のイメージそのものだと思っていましたが、もっと知らないいいところがたくさんあるようです。(最近はじめて阿蘇に行ったと所長に言ったら、九州に住んでるのに行ったことないの?と言われてしまいました!知らないことばかりです。)
 

2018.10.30_13 

遠足企画、季節ごとに恒例になりますように!
 
武内 茉緒

  • Twitter
  • Facebook

E-mail:infoarch@furumori.net ASANO2-6-16-3F,KOKURAKITA-KU,KITAKYUSHU-SHI,FUKUOKA,802-0001,JAPAN Copyright@FURUMORI KOICHI ARCHITECTURAL DESIGN STUDIO All right reserved.